変化している“今”だから、変化を楽しむ“君”がいる Forward For the Future