フルキャストホールディングスは、人材派遣やアルバイト人材紹介、
マイナンバーや給与計算の代行など、様々な人事課題を総合的に解決します。

ディスクロージャーポリシー

TOP > IR情報 > ディスクロージャーポリシー

このページは、ホームページをご覧の方に「フルキャストホールディングス」のディスクロージャーポリシーをより良く理解していただくための解説ページです。

1. ディスクロージャーの方針

「フルキャストホールディングス」では、東京証券取引所の定める「上場有価証券の発行者の会社情報の適時開示等に関する規則」(以下「適時開示規則」といいます。)に沿ってディスクロージャーを行っています。
適時開示規則では、投資判断に影響を与える決定事項、発生事実、決算に関する情報が発生した場合、東京証券取引所から照会があった場合、既に開示した重要な会社情報の内容について重大な変更、中止等が行われた場合に適時開示を求めております。また、「フルキャストホールディングス」では、会社説明会での発表内容等適時開示規則に該当しない情報についても、投資家の需要に応えるべくできるだけ積極的かつ公平に開示する方針を持っております。

2. 情報の開示方法

情報の開示方法

適時開示規則に該当する情報の開示は、同規則に従い、東京証券取引所への事前説明の後、東京証券取引所の提供する適時開示情報開示システム(TDnet)にて公開しています。TDnetにて公開した情報のホームページへの掲載に関しては、メディアへの発表後速やかに掲載することとしています。なお、PDFファイルその他ツールの準備の都合上、これら情報の本ホームページへの掲載時期が遅れることもあります。また、適時開示規則に該当しない情報を開示するに当たっても、適時開示の趣旨を踏まえて適切な方法によりできるだけ正確かつ公平に当該情報が一般の投資家に伝達されるよう配慮を行っております。
従って、「フルキャストホールディングス」の開示情報の確認をされたい場合には、本ホームページと共に東京証券取引所ホームページに記載されるディスクロージャー資料等も合わせて参照するようにしてください。

3. 将来の見通しに関して

将来の見通しに関して

「フルキャストホールディングス」では、東京証券取引所に提出する業績予想に加えて、投資家や証券アナリストの皆様が自ら「フルキャストホールディングス」の業績に関する予想を立てられるよう、見通しに関するガイダンスを提供する場合があります。口頭もしくは書面による見通し情報は、広く一般に開示される他の媒体にも度々含まれる可能性があります。
また、ご挨拶、講演、質疑応答、「フルキャストホールディングス」の発行する書面、本ホームページに掲載されているフルキャストグループの計画、見通し、戦略などが含まれる場合があります。

何れの場合におきましても、歴史的事実でないものは、一定の前提の下に作成した将来の見通しであり、また現在入手可能な情報から得られた「フルキャストホールディングス」経営者の判断に基づいております。
従いまして、フルキャストグループの業績、企業価値等を検討されるに当たりましては、これらの見通しのみに全面的に依拠されることは控えてくださるようお願いいたします。実際の業績は、予見できない要因により、これらの見通しと大きく異なる結果となりうることをご承知おきください。
実際の業績に影響を与える重要な要因とは、

(1)「フルキャストホールディングス」を取り巻く経済・金融情勢および雇用情勢の変化
(2)地震などの災害に伴う企業インフラの損害
(3)フルキャストグループの行なう事業に適用のある労働基準法、労働者派遣法等の関連法令の変更、解釈の変更

などです。
また、新たな情報、将来の事象、その他の結果により、常にフルキャストグループが将来の見通しを見直すとは限りません。

4. 第3者への情報開示と第3者による業績予測

「フルキャストホールディングス」は機関投資家アナリスト等との個別ミ―ティングではすでに公開された事実、周知の事実、あるいは一般的なビジネス環境等限られた情報に限り言及します。

5. 本ホームページの位置付け

本ホームページの位置付け

本ホームページは、インターネット上で当社の情報を検索されたい方々を対象に、その便に供するために開かれています。現在のインターネット、E-mail等の全世界における普及状況を見た上で、「フルキャストホールディングス」では、現状これら情報通信テクノロジーを利用した情報開示はあくまで補助的な情報開示ツールとして位置付けざるを得ないと考えております。

また、本ホームページには「フルキャストホールディングス」がディスクローズしている情報の全てが掲載されていない場合があります。また、他の方法で開示された情報とは異なった表現の仕方をしている場合もあります。
掲載内容については細心の注意を払っておりますが、データダウンロード等によって生じた障害等に関し、当社は一切責任を負うものではありませんのでご了承ください。
このWebサイトは投資勧誘を目的としたものではありません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われるようお願いします。
本ホームページを利用されるにあたりましては、これらを十分にご理解いただいた上でのご利用をお願いいたします。

6. ディスクロージャーによるマーケットとの対話について

「フルキャストホールディングス」は、経営戦略上支障がない限りの範囲において、積極的なディスクロージャーによりマーケットとの対話を推進してまいります。

7. 沈黙期間について

沈黙期間について

米国では決算発表直前に「沈黙期間」を設けて、決算発表資料準備期間中に株価に影響のある情報が漏れることを防ぐために、決算に関する一切のコメントを控える慣習があります。
「フルキャストホールディングス」におきましてもこの慣習を採用しており、決算(中間および四半期を含む)期日の翌日から決算発表までを「沈黙期間」として、決算に関連するコメントや質問への回答を控えております。ただし、「沈黙期間」中に予想を大きく外れる見込みが出てきた場合には、適宜、プレスリリースにより情報開示を行うこととしております。

8. ご利用条件その他について

本ホームページ上での当社情報の検索にあたりましては、本ディスクロージャー・ポリシーのみではなく、別途掲載しているご利用条件その他の注記も合わせてご参照ください。

IR情報へ戻る