人材派遣/人材紹介のキホン
MAGAZINE

掃除アルバイトを採用するメリットは?きついと言われる理由も解説

掃除アルバイトを採用するメリットは?きついと言われる理由も解説

清掃業は、重い清掃用具を持ったり汚い場所を掃除したりするため、体力面・精神面できついと言われることが多い仕事です。人材が必要になった場合には、アルバイトを採用することが有効な手段でしょう。そこで今回は、掃除アルバイトがきついと言われる理由や採用するメリットなどを紹介します。ぜひ参考にしてください。

目次

掃除アルバイトの仕事内容

- 清掃業とは

- アルバイトに任せられる仕事内容

掃除アルバイトがきついと言われる理由

- 体力面

- 足腰を痛めやすい

- 時間が制限されている場合に追い詰められる

掃除アルバイトを採用するメリットとは?

掃除アルバイトを採用するときの注意点

まとめ

掃除アルバイトの仕事内容

掃除アルバイトとは?

まずは清掃業について特徴と、アルバイトに任せられる仕事内容を説明します。

清掃業とは

清掃業とは、施設や店舗の清掃を行う仕事です。職場は多岐にわたり、ホテルやオフィスビル、パチンコ店、病院、介護施設などが挙げられます。

アルバイトに任せられる仕事内容

アルバイトの仕事内容は掃き掃除や拭き掃除が基本ですが、掃除場所によって対応する方法は変わります。場所別の対応方法は、以下の通りです。

  • ホテル:客室全体の清掃、ベッドメイキング、アメニティの補充など
  • オフィスビル:エントランスや廊下、各オフィス等の清掃、ゴンドラを使った窓等の高所清掃など
  • パチンコ店:パチンコ台やパチンコ玉を入れる箱、灰皿等の拭き掃除、ホール・カウンター周り・トイレ等の清掃
  • 病院:病室や廊下、階段等の清掃、病室のベッドメイキング、ゴミ回収
  • 介護施設:エントランス等の共有部と利用者の部屋の清掃、洗濯など

このように、掃除アルバイトには清掃場所特有の対応があります。

掃除アルバイトがきついと言われる理由

掃除アルバイトがきついといわれる理由

一般的に、掃除アルバイトはきついと言われています。その理由を解説します。

体力面

掃除アルバイトは、まず体力面できつい点が多いです。真夏や真冬の過酷な気温下での屋外清掃では、体力を奪われることが多いでしょう。熱中症や風邪など体調不良に陥る危険性もあるため、きちんと体調管理を行った上で業務を行う必要があります。

ほかには、タワシで力いっぱい擦らなければ落ちない汚れがあったり、高所清掃のためにハシゴに上ったり、さまざまな面で体力を試されるため注意が必要です。体力に自信がない方は、仕事中にきついと感じやすいでしょう。

足腰を痛めやすい

体力面だけではなく、足腰を痛める可能性が高い点も清掃アルバイトのつらいところです。掃除用具や備品類は想像以上に重く、持ち運ぶことで足腰に負担がかかります。

また、清掃をする際には長時間腰をかがめた体勢になることが多いです。そのため、椎間板ヘルニアなどの病気になりやすく、慢性的な腰痛持ちになる危険性があります。座ったり、立ったりすることも頻度が多いため、足の関節を痛めることもあります。腰痛対策のコルセットや、関節用のサポーターなどをしたとしても、避けることは難しいかもしれません。

時間が制限されている場合に追い詰められる

場所によっては清掃のタイムリミットが決まっており、スピーディーな対応が求められることがあります。

例えば、ホテルではお客様のチェックイン時間までに全ての客室を清掃するのに加え、アメニティの補充なども行うため、焦って追い詰められることも珍しくないでしょう。ホテル清掃中には「◯分までに◯部屋を掃除する」とノルマを課されるケースもあり、仕事に慣れていない間は時間に追われてしまっても仕方がありません。

掃除アルバイトを採用するメリットとは?

メリット

アルバイト雇用は、コスト面や人員調整しやすいなどのメリットがあります。

アルバイトを雇用するメリットは以下の3つです。

 

  • 人件費を抑制できる

時間単価が安いアルバイトを雇用することで、人件費を抑えられます。簡単な業務をアルバイトに任せ、複雑な業務を正社員が担うことで業務の効率化も図れます。

 

  • 人員調整がしやすくなる

アルバイトは必要な時期に、必要な時間だけの雇用もできます。繁忙期の人員は増やし、閑散期は減らすなど、企業の状況に合わせてバランスよく人員を配置できるというわけです。

 

  • 正社員への登用につなげられる

アルバイト終了後は、正社員の登用にもつなげられます。すでに仕事のスキルを習得している人材を確保できるのは、大きな魅力です。業務経験があれば入社後のミスマッチを防げ、離職率を抑えられるメリットもあります。

掃除アルバイトを採用するときの注意点

掃除アルバイトがキャリアアップする方向性

アルバイトを雇用するデメリットは、人員の入れ替わりがあることです。アルバイトは短期での就労を目的にしている人が大半です。特に学生は、卒業とともにアルバイトを退職するパターンがほとんど。そのためアルバイト雇用は人の入れ替わりが多くなり、その都度新たな人材を採用する必要があります。

 

またアルバイトの場合、シフト調整が必要です。何らかの理由で誰かが休んだときには、他のアルバイトにシフト調整を依頼しなければなりません。それでも人員が確保できないときには、雇用主や社員による勤務が必要となることもあります。

まとめ

ホテルやパチンコ店、介護施設などで必要となる清掃業の人材ですが、「きつい」と言われることも多く、人材確保に苦戦している企業が多いのは実情です。そんなときはアルバイトでスタッフを採用することを検討してみてはいかがでしょう。シフトの融通が利くので、人手が必要な場合はシフトを多く入れるなど、業務量にあわせて人員を調整できますよ。

この記事をシェアする

facebook
twitter
line

人材をお探しの企業様はこちら

1990年の設立以来、
業界をリードする実力をぜひご活用ください。

企業のご担当者専用ダイヤル

0120-810-155 0120-810-155

(平日9:00~19:00

当サイト動作環境について

フルキャストホールディングサイト/コーポレートサイトをご利用いただくために以下の環境でのご利用を推奨いたします。

※サポートが終了しているOS等を含め、下記以外は推奨環境外となりますので、使用できないおそれがあります。
※JavaScript、Cookieが使用できる状態でご利用ください。

推奨ブラウザ

PC

  • Windowsの方
  • ・Microsoft Edge最新版
  • ・Google Chrome 最新版
  • ・Firefox 最新版
  • Macintosh(Mac)の方
  • ・Safari 最新版
  • ・Google Chrome 最新版

SP

  • Androidの方
  • ・Android10以上
  • Google Chrome 最新版
  • iPhoneの方
  • ・iOS13.XX以上
  • Safari最新版
人材をお探しの企業様最短即日でアルバイトを紹介します