人材派遣/人材紹介のキホン

MAGAZINE

テレアポの人材確保は派遣会社がおすすめ!メリットや選び方のポイントを紹介!

テレアポの人材確保は派遣会社がおすすめ!メリットや選び方のポイントを紹介!

テレアポは、トークスキルが必須の営業職です。売上に貢献するテレアポの重要度は、年々増しています。にもかかわらず、テレアポの人材確保に悩まれている企業担当者様も少なくありません。

この記事では、テレアポスタッフを確保するため、派遣会社を利用するメリットとデメリットをご紹介します。さらに人材派遣会社の選び方と選び方のポイントも詳しく解説。テレアポスタッフの確保を検討している企業担当者様は参考にしてください。

目次

テレアポで派遣スタッフが必要な理由

テレアポで派遣スタッフを活用するメリット

- 時間や労力コストを削減できる

- 直接雇用の前に能力を判断できる

テレアポで派遣スタッフを活用するデメリット

- 派遣料が発生する

- 人材を自由に選べない

- 必ずしも直接契約が成立するわけではない

テレアポの派遣会社の選び方のポイント

- 派遣の形態を考える

- 対応エリアを確認する

- 登録スタッフの数が多い

- 研修制度やフォロー体制が整っている

派遣を依頼するときは希望を詳しく伝えることが大切!

まとめ

テレアポで派遣スタッフが必要な理由

テレアポで派遣スタッフが必要な理由

テレアポとは、テレフォンアポインターの略で、個人や法人に電話をかけ商談のための訪問アポイントを取る仕事を指します。

 

一般的にコールセンターは、商品の受注や問い合わせの対応など受け身の仕事のイメージがあるかもしれませんが、テレアポの場合、直接お客様に働きかける営業職としての役割があります。

テレアポの業務内容は次のとおりです。

  • 自社商品やサービスの売り込み
  • 商談や訪問のアポイント取り
  • 見込み客のリスト作り

 

テレアポの仕事の工程には、次のように多くの段階があります。

  • 商品やサービスの内容を十分理解する
  • ステップごとの会話の流れが書かれた台本を読み込む
  • 会話の練習をする
  • 顧客リストをもとに電話をする
  • お客様に商品やサービスの説明をする
  • クロージングトークをする
  • アポイントを取る
  • 会話内容や結果を記録・報告する
  • アポイントが取れたお客様情報を営業担当者へ申し送りする

 

このようにテレアポを成功させるためには、ある程度のトークスキルが必要です。ただしトークスキルがあるスタッフを育成するには、それなりの時間とコストがかかります。そこですでに教育を終えた派遣社員を受け入れることで、テレアポ業務をより効率的に行えるでしょう。

テレアポで派遣スタッフを活用するメリット

テレアポで派遣スタッフを雇うメリット

テレアポで派遣スタッフを活用するメリットを理解するためには、正社員やパート・アルバイトと比較する必要があります。次の3種類の雇用形態を比較して、そのメリットを考えてみましょう。

  • 派遣社員
  • 正社員
  • アルバイト・パート

それぞれの特徴を表にまとめました。

派遣社員 正社員 アルバイト・パート
雇用形態 間接雇用 直接雇用 直接雇用
雇用主 派遣会社 自社 自社
給料 時給 月給 時給
契約期間 有期 無期 有期

派遣社員と正社員・アルバイト・パートとの決定的な違いは雇用形態です。テレアポに関しては派遣を利用すると次のようなメリットがあります。

【テレアポに派遣スタッフ雇うメリット】

  • 時間や労力・コストを削減できる
  • 直接雇用の前に能力を判断できる

さらに詳しく見ていきましょう。

時間や労力コストを削減できる

直接雇用の正社員やパート・アルバイトと違い、派遣社員の雇用主は派遣会社です。求人にかかる手間や事務手続き、さらに雇用に必要なコストなど、すべてを派遣会社が負担します。

直接雇用の場合は、ノウハウ構築や教育など、すべてをゼロから行う必要があります。一方、派遣の場合はテレアポに特化した人材を希望することで、一定以上のスキルを持った人材の確保が可能です。

派遣を利用することで、求人や採用の手間に加え、教育やノウハウ構築にかかる時間や労力・コストなども削減できます。

直接雇用の前に能力を判断できる

派遣会社を通じてスタッフを確保する場合、依頼企業側にスタッフの面接や履歴書を見て採用を決めるなどの権限はありません。派遣契約期間が終わり、派遣会社・労働者・派遣席企業の同意が得られれば、派遣期間終了後に直接契約を結ぶことも可能ですが、当初から派遣先が直接雇用する前提ではない場合に限ります。

能力が高い人材を雇いたくても、求人・選考にかかる手間やコストは相当なものです。しかし派遣という形で能力を見極めることができます。

 

ただし注意点としては、派遣契約の期間中に直接契約に切り替えることはできません。直接契約の前提で派遣を依頼するのであれば、期間中でも契約変更ができる紹介予定派遣を利用するといいでしょう。

スキルが必要なテレアポの場合、直接雇用前に能力の判断ができる派遣は、優秀な人材を効率的に得るために有効な手段です。

テレアポで派遣スタッフを活用するデメリット

テレアポで派遣スタッフを雇うデメリット

テレアポで派遣スタッフを活用するにはデメリットもあります。それが次の3つです。

【テレアポで派遣スタッフを雇うデメリット】

  • 派遣料金が発生する
  • 人材を自由に選べない
  • 必ずしも直接契約が成立するわけではない

順に詳しく見ていきましょう。

派遣料が発生する

派遣会社には、派遣料金を支払います。

単月だけで比べると直接雇用の正社員よりもコストがかかると感じるかもしれません。パート・アルバイトと比べると、かなり割高と言えます。

 

派遣料金には人件費等が含まれますが、研修や教育が完了した人材であること、また年間で比較すると正社員よりもコストが安いことなどを知っておきましょう。

人材を自由に選べない

優秀なスタッフを派遣してもらいたい、自社の社風に合う人材に来てもらいたいと考えていても、依頼企業が直接人材を選ぶことはできません。

 

企業側が求めている人材を派遣会社に伝えることはできますが、その後は人材会社の手腕にゆだねることとなります。そのため派遣会社内での研修や教育が充実している、優秀な担当営業社員がいるなど信頼できる人材派遣会社を選ぶことが重要です。

必ずしも直接契約が成立するわけではない

優秀な人材に出会えたとしても、直接契約が成立するとは限りません。派遣から直接雇用が前提の紹介予定派遣であっても、派遣社員側の同意がなければ、その時点で契約終了となってしまします。優秀な人材であっても、あくまでも雇い主は派遣会社であり、こちらに人事権はありません。

テレアポの派遣会社の選び方のポイント

テレアポの派遣会社の選び方のポイント

できるだけ業務に最適なスタッフを派遣してもらうためには、自社に合った人材を抱える派遣会社選びが欠かせません。

 

テレアポに強い派遣会社を選ぶポイントは次の4つです。

【テレアポの派遣会社の選び方のポイント】

  • 派遣の形態を考える
  • 対応エリアを確認する
  • 登録スタッフの数が多い
  • 研修制度やフォロー体制が整っている

ポイントを押さえて効率よく派遣会社を選びましょう。

派遣の形態を考える

人材派遣の形態には大きく分けて次の3種類があります。

 

【人材派遣の形態の種類】

  • 有期雇用派遣:派遣会社が有期で雇用契約を締結した労働者を派遣先に派遣する形態。同じ派遣労働者を派遣先が受け入れることができる期間は3年が上限
  • 無期雇用派遣:3年以上も可能だが、派遣先が派遣労働者を特定することはできない
  • 紹介予定派遣:直接雇用を前提とし派遣期間の上限は6ヶ月

 

特徴を以下の表にまとめました。

派遣の

種類

有期雇用派遣 無期雇用派遣 紹介予定派遣
日雇派遣 短期派遣 長期派遣
派遣期間 30日以内 1~3ヶ月 3ヶ月~3年 無期

(3年~も可)

6ヶ月
派遣先による採用選考 × × × ×
給料 主に時給 月給・時給 主に時給
テレアポへの派遣 不可

(例外

条件に

当ては

まる人は可能)

可能 可能 可能 可能
おすすめのケース ・一時的な人員確保

・適正や能力を判断したい

・優秀な人材に長く働いてほしい ・優秀な人材に長期で働いてほしい

・直接雇用はしたくない

・直接雇用を前提にしている

・適性や能力を判断したい

テレアポの派遣の場合、一定以上のスキルを身につけているスタッフが不可欠です。日雇派遣は原則禁止であるものの、短期で一時的な人員確保であれば、最初からテレアポに慣れた人員を派遣してもらう必要があるでしょう。それゆえテレアポ業務に強い派遣会社を探す必要があります。

対応エリアを確認する

東京や大阪であれば対応している派遣会社は多いはずです。しかし地方の場合は、対応エリア内かを最初に確認する必要があります。

大手の派遣会社であれば、全国対応しているケースがほとんどですが、念のため問い合わせておきましょう。

登録スタッフの数が多い

登録スタッフ数の多さは、人材の豊富さを示しています。当然、大手派遣会社の方が登録スタッフが多く、希望の人材を見つけやすいでしょう。

 

ただし派遣会社によって強い分野に違いがあります。登録スタッフが多くても、テレアポに適したスタッフが少ないと意味がありません。

 

登録スタッフ数をチェックすると同時にテレアポに強い派遣会社かを見定める必要があります。

研修制度やフォロー体制が整っている

教育が完了したスタッフを派遣してくれる派遣会社に依頼できれば、自社の負担は大きく軽減されます。そのため派遣会社の研修制度やフォロー体制が整っている派遣会社を選びましょう。

具体的なフォロー体制の具体例として次のようなものがあります。

 

  • 事前研修
  • スーパーバイザーやフィールドサポーターの派遣
  • スタッフの技術向上のためのアフターフォロー研修

以上のフォロー体制に加え、コールセンターの構築からすべてを業務委託できる派遣会社もあります。

 

インバウンド、アウトバウンドどちらも対応可能!豊富な人材から業務レベルにマッチしたスタッフを手配!フルキャストホールディングスのコールセンタースタッフの人材派遣・紹介サービスの詳細はこちら。

派遣を依頼するときは希望を詳しく伝えることが大切!

派遣を依頼するときはヒアリングが大切!

派遣会社を選定し依頼する際に、派遣会社の担当者が派遣先企業に適した人材をマッチングするためのヒアリングを行います。依頼企業が派遣スタッフを直接選ぶことはできません。そのため希望する人材についての相談時に詳しく伝える必要があります。

 

依頼時に伝えるべきポイントは次の5つです。

【ヒアリング時に伝えたいポイント】

  • 募集の背景
  • 派遣期間
  • 具体的な業務内容
  • 求めるスキルや資格や実務経験

できるだけ詳しく伝えることで、人材のミスマッチを事前に防ぎましょう。ただし性別や年齢の指定・制限はできません。

まとめ

テレアポのスタッフは、派遣会社に依頼してスタッフ確保するのがおすすめです。その際は、テレアポ業務に強い派遣会社を選ぶようにしましょう。

フルキャストは、テレアポを含むコールセンター業務に強い派遣会社です。派遣後のフォロー体制も整っており、売上貢献までの期間を圧縮できます。テレアポスタッフを探している企業担当者様は、フルキャストまでお問い合わせください。

人材をお探しの企業様はこちら

1990年の設立以来、
業界をリードする実力をぜひご活用ください。

企業のご担当者専用ダイヤル

0120-810-155 0120-810-155

(平日9:00~19:00

この記事をシェアする

facebook
twitter
line
note
はてなブックマークに追加

カテゴリー

アーカイブ

人材をお探しの企業様はこちら

1990年の設立以来、
業界をリードする実力をぜひご活用ください。

企業のご担当者専用ダイヤル

0120-810-155 0120-810-155

(平日9:00~19:00

当サイト動作環境について

フルキャストホールディングサイト/コーポレートサイトをご利用いただくために以下の環境でのご利用を推奨いたします。

※サポートが終了しているOS等を含め、下記以外は推奨環境外となりますので、使用できないおそれがあります。
※JavaScript、Cookieが使用できる状態でご利用ください。

推奨ブラウザ

PC

  • Windowsの方
  • ・Microsoft Edge最新版
  • ・Google Chrome 最新版
  • ・Firefox 最新版
  • Macintosh(Mac)の方
  • ・Safari 最新版
  • ・Google Chrome 最新版

SP

  • Androidの方
  • ・Android10以上
  • Google Chrome 最新版
  • iPhoneの方
  • ・iOS13.XX以上
  • Safari最新版
人材をお探しの企業様最短即日でアルバイトを紹介します