人材派遣/人材紹介のキホン
MAGAZINE

アウトソーシングと人材派遣の違いとは?選び方も徹底解説

アウトソーシングと人材派遣の違いとは?選び方も徹底解説

昨今、多くの企業が業務効率化やコスト削減を目的に、アウトソーシングや人材派遣を導入しています。人材派遣とアウトソーシングどちらも自社以外の外部リソースを活用して人材を確保するサービスです。しかし両者には明確な違いがあります。

本記事ではアウトソーシングと人材派遣の違いを解説。アウトソーシングと人材派遣それぞれの強みが分かり、どちらを導入すべきか判断できるようになるため、ぜひ最後までご覧ください。

目次

アウトソーシングとは

- アウトソーシングのメリット

- アウトソーシングのデメリット

人材派遣とは

- 人材派遣のメリット

- 人材派遣のデメリット

アウトソーシングと人材派遣の違い

- 契約形態

- 指揮命令権の所在

- 契約期間

- 採用コスト

アウトソーシングと人材派遣の選び方

- アウトソーシングに向いている業務

- 人材派遣に向いている業務

まとめ

アウトソーシングとは

アウトソーシングとは

アウトソーシングとは、Out(外部)とSourcing(調達する)を組み合わせた和製英語で、社内の業務の一部またはすべてを外部の専門企業に委託できるサービスを言います。

アウトソーシングの仕組みには特徴があり、委託先の企業が一括して業務すべてを担うため、委託先が人員配置から仕事の進め方までをすべて管理・運用します。そのためアウトソーシングを導入すれば企業は人手不足を解消し、コアな分野の業務だけに集中することが可能です。

アウトソーシングと混同されやすい用語に業務委託があります。どちらも外部に委託して仕事をしてもらう意味ですが、異なる点は意思決定の所在です。アウトソーシングでは業務のすべてを管理・運用するため、業務の意思決定を委託先が行います。

対して業務委託は、業務のみを任せる形態であるため、意思決定を行うのは依頼主です。

アウトソーシングのメリット

アウトソーシングのメリットは次の3点です。

  • 業務品質が向上する
  • 人件費や採用コストの削減になる
  • コア業務に集中できる

アウトソーシングすれば委託先の専門的スキルが活用できるため、業務品質が向上するメリットがあります。アウトソーシングすることで自社リソースでは対応できない部分まで任せることが可能です。またIT業務など日々情報がアップデートされる業務に関しても、専門的な企業にアウトソーシングすることで業務品質が向上します。

2つ目のメリットは、人件費や採用コストの削減になる点です。業務を丸ごと委託できるため、求人出稿などの採用コストや社内人材を育成するコストがかかりません。またオフィススペースの増設や、アウトソースした業務に関する設備導入の必要もなくなるため、経費削減に繋がります。

3つ目のメリットは、自社の従業員がコア業務に集中できることです。ノンコア業務をまとめてアウトソーシングできるため、自社にしかできない重要業務に専念できる結果、企業は他社よりも利益を上げることが期待できます。

アウトソーシングのデメリット

アウトソーシングのデメリットは次の3点です。

  • 業務の自社対応が困難になる
  • 情報セキュリティのリスクが高まる
  • 業務管理が十分にできない可能性がある

デメリットの1つ目としては、業務の自社対応が困難になる点になります。理由は社外リソースで業務に対応するため、社内にスキルやノウハウが蓄積されないからです。組織の拡大とともにアウトソースしていた業務を自社で行う必要がある際に、1からスキルを蓄積していくことになります。

2つ目のデメリットは、情報セキュリティのリスクが高まる点です。アウトソーシングによって社内の重要情報を外部の人間に渡すことになるため情報漏洩に繋がる可能性はどうしても大きくなります。そのため本当に信用できる企業を委託先として選定することが重要です。

3つ目のデメリットは、業務管理が十分にできない可能性がある点です。業務すべてをまるまる委託できるメリットがある反面、自社の人間が直接指示できないため管理したい部分を柔軟に管理しづらくなります。そのため、アウトソーシングを行う場合、委託先企業とこまめなコミュニケーションや打ち合わせを行うことが必要です。

人材派遣とは

人材派遣とは

人材派遣とは、派遣会社が自社と雇用契約を結んでいる派遣労働者を人材が必要な企業へ派遣するサービスです。特定のスキルを持った人材を必要な期間だけすぐに確保したい場合、人材派遣を導入することで企業はニーズを満たすことができます。

人材派遣の仕組みの特徴は、雇用契約を結ぶ企業と実際に仕事を行う企業が別である点です。通常、正社員やパート従業員であれば雇用契約を結んだ企業のもとで仕事を行いますが、人材派遣の派遣社員は雇用する派遣会社ではなく派遣先企業のもとで働くことになります。また雇用するのは派遣会社のため、給与の支払いや福利厚生に関しては、雇用元の企業が行います。

人材派遣のメリット

人材派遣のメリットは次の3点です。

  • 必要な期間だけスキルのある人材を獲得できる
  • 業務管理がしやすい
  • 情報セキュリティのリスクが低い

1つ目のメリットとして挙げられるのは、企業は必要な期間だけ必要なスキルを持った人材の獲得が可能なことです。例えば、31日以上であれば繁忙期の人材リソースが足りない時期や自社従業員が育休や産休でしばらく休む時期などに、新たに自社で採用することなく人材確保ができます。雇用主は派遣会社となるため、労務管理や給与計算などの業務も必要ありません。

2つ目のメリットは、業務管理しやすい点です。業務の指揮命令は派遣先企業が行うため、アウトソーシングと異なり、直接指示を出して仕事の確認・共有を行うことができます。

3つ目のメリットは、情報漏洩のリスクが低い点になります。業務管理が直接できるため、派遣社員も自社従業員と同じようにセキュリティ面で教育できるからです。例えば派遣社員が使用するパソコンに同じセキュリティソフトを入れると、自社の従業員と一緒に管理できます。

人材派遣のデメリット

人材派遣のデメリットは次の3点です。

  • 期間が限定されている
  • 業務内容に制限がある
  • 法制度が厳格化されつつある

1つ目のデメリットは、人材派遣の場合、派遣社員が1つの企業に勤められる期間は上限が3年までとされており、期間が限定されている点です。長期的に派遣社員を活用することができないため、教育のコストもかかります。ただし無期雇用派遣や紹介予定派遣を利用する場合、3年以上の長期的な就業が可能です。

2つ目のデメリットは、派遣社員のできる業務内容に制限がある点です。最初に派遣会社と派遣先会社は契約を交わし、契約内容にない業務は派遣社員が担当することができません。そのため柔軟に対応してもらうことやイレギュラーへの対応は依頼できないことも。

3つ目のデメリットは、人材派遣の運用に関する法制度が厳格化されている点です。働き方改革や同一労働同一賃金を政府が推進しており、正社員と非正規雇用労働者の待遇の差をなくすために、労働派遣法が改正される動きがありました。そのため従来のようにコストを抑えて人材を確保することが企業は難しくなっているのが現状です。

アウトソーシングと人材派遣の違い

アウトソーシングと人材派遣の違い

ここからはアウトソーシングと人材派遣の違いについて、4つの項目ごとに見ていきましょう。

  • 契約形態
  • 指揮命令権の所在
  • 契約期間
  • 採用コスト

それぞれの比較を以下の表でまとめています。

アウトソーシング 人材派遣
契約形態 業務委託契約・業務請負契約 労働者派遣契約
指揮命令権の所在 アウトソーシング会社(委託先会社) 派遣先企業
契約期間 契約終了時まで 上限3年
採用コスト 委託代金がかかる 派遣料金がかかる

契約形態

契約形態とは、簡易的に言うと企業と労働者の関係性のことです。

アウトソーシングの場合、自社と委託先のアウトソーシング会社の間で業務委託という形態で契約を交わします。業務委託は成果報酬型となっており、委託先のアウトソーシング会社は委託された業務を遂行する義務を負います。

それに対して人材派遣の場合、自社と人材派遣会社の間で労働者派遣契約という形態で契約を交わします。人材派遣会社は契約内容に基づいて労働者を派遣し、労働者は契約内容の業務を行います。

指揮命令権の所在

指揮命令権の所在とは、わかりやすく説明すると、労働者に対して業務の指示を出すのは誰か?ということを意味します。

アウトソーシングの場合、指揮命令権の所在はアウトソーシング会社(委託先会社)にあります。業務を完全に委託するため、業務に関する指示や人員の配置などすべてをアウトソーシング会社(委託先会社)が担当し、一括で管理する仕組みとなっていることが理由です。

それに対して人材派遣の場合、指揮命令権の所在は派遣先企業にあります。人材派遣の仕組み上、派遣社員は派遣先企業のもとで業務を行います。そして派遣先企業の従業員が派遣社員を管理して、業務に関する指示を行う形態です。

契約期間

契約期間とは、契約上で定められた労働者が企業のもとで働く期間のことです。

アウトソーシングの場合、契約期間は特に年数が決まっているわけではなく、自社が必要である間は契約を続けることができます。そのため自社と委託先の間で決めた契約終了時までが契約期間です。

それに対して人材派遣の場合、契約年数の上限が法律で定められており、契約期間は最長3年までとなっています。そのため3年を超えて業務を任せたい場合は、正社員もしくは契約社員として自社の社員へ雇用を切り替えなければなりません。

採用コスト

採用コストとは企業が人材を雇う際に発生する人件費のことです。自社の社員を採用する際は、求人掲載費用や人事部社員への給与支払いといった採用コストがかかります。しかし、外部委託のアウトソーシングと人材派遣に関しては、採用という手順がそもそもないため採用コストは両方ともかかりません。

また外部委託では社員を教育するコストもかかりません。もともと必要なスキルを持った企業や社員に依頼できるからです。しかし、委託代金は発生します。

一方で人材派遣に関しては、派遣料金を派遣会社に支払わなければなりません。派遣料金とは、派遣社員の給与や派遣会社のマージンなどの手数料を合わせた費用です。採用そのものにコストはかかりませんが、付随する費用は必要になります。

アウトソーシングと人材派遣の選び方

アウトソーシングと人材派遣の選び方

アウトソーシングと人材派遣、どちらを選んだら良いか迷った場合の選び方についてご紹介します。

アウトソーシングに向いている業務

アウトソーシングに向いている業務は、以下の5つの条件を含んでいるものです。

  • ルーティンワークを含む定型業務(ノンコア業務)
  • 社内での増員が難しい
  • 社内に業務を行うスペースがない
  • 業務に関するルール変更が少ない
  • 内製化すると経費がかかる業務

実際にアウトソーシングがよく活用されている業務は次の4つです。

  • 労務管理業務
  • 採用業務
  • 経理業務
  • IT業務

コア業務に分類される、経営戦略の立案や意思決定が必要な業務はアウトソーシングには不向きですが、ノンコア業務や日々情報のアップデートに追いつかなければならない業務に関しては、専門的な知見があり独自の処理手順を確立している会社へ委託するのが良いでしょう。

人材派遣に向いている業務

人材派遣に向いている業務は、以下の4つの条件を含んでいるものです。

  • 社員の目が届く場所で業務を行ってほしい
  • 社員の指示・管理のもとで業務を行ってほしい
  • 業務に関して頻繁なルール変更が発生する
  • 変動的な期間での人員確保が必要

実際に人材派遣がよく活用されている業務は次の4つです。

  • 販売業務
  • 接客業務
  • 企画開発業務
  • マーケティング業務

31日以上であれば、繁忙期や一時的な人員不足の期間のみ人材確保が必要な場合に人材派遣は向いています。例えば、イベントを2ヶ月にわたって行うにあたって販売や接客を行うスタッフを増員する必要があるときは、人材派遣によって必要期間での募集が可能です。

また直接、社員から指示・管理ができるため、こまめなコミュニケーションが必要とされる企画開発やマーケティング業務も、人材派遣でよく活用されています。

まとめ

本記事では、アウトソーシングと人材派遣の違いについて徹底解説しました。どちらも外部の企業を活用するという共通点がありますが、それぞれの仕組みや使われるケースは大きく異なるものです。ぜひ本記事を参考に、どちらを導入すべきか検討してみてください。

この記事をシェアする

facebook
twitter
line

人材をお探しの企業様はこちら

1990年の設立以来、
業界をリードする実力をぜひご活用ください。

企業のご担当者専用ダイヤル

0120-810-155 0120-810-155

(平日9:00~19:00

当サイト動作環境について

フルキャストホールディングサイト/コーポレートサイトをご利用いただくために以下の環境でのご利用を推奨いたします。

※サポートが終了しているOS等を含め、下記以外は推奨環境外となりますので、使用できないおそれがあります。
※JavaScript、Cookieが使用できる状態でご利用ください。

推奨ブラウザ

PC

  • Windowsの方
  • ・Microsoft Edge最新版
  • ・Google Chrome 最新版
  • ・Firefox 最新版
  • Macintosh(Mac)の方
  • ・Safari 最新版
  • ・Google Chrome 最新版

SP

  • Androidの方
  • ・Android10以上
  • Google Chrome 最新版
  • iPhoneの方
  • ・iOS13.XX以上
  • Safari最新版
人材をお探しの企業様最短即日でアルバイトを紹介します