人材派遣/人材紹介のキホン

MAGAZINE

アパレル販売に強いおすすめの派遣会社5選|派遣求人の費用相場やメリットも解説

アパレル販売に強いおすすめの派遣会社5選|派遣求人の費用相場やメリットも解説

アパレル販売の中では、派遣を活用してスタッフを充実させたいと考えるところもあるかもしれません。とはいえ、派遣ではいったいどんな人材が来るのか、店の経営として成り立つのか不安になることもあるでしょう。この記事は、アパレル販売に強いおすすすめの派遣会社を5つご紹介します。また、派遣求人のメリットや方法も解説していきますので参考にしてみてください。

目次

アパレル販売に強い人材派遣会社5選

- フルキャストホールディングス

- 派遣なび

- リクルートスタッフィング

- iDA

- スタッフブリッジ

アパレル販売の派遣社員依頼にかかる費用相場

アパレル販売で派遣を依頼する流れ

派遣会社を選ぶポイント

- 費用で選ぶ

- 研修の充実度で選ぶ

- 派遣会社の実績で選ぶ

アパレル販売を派遣求人するメリット

- 人件費がおさえられる

- 短期間で優良な人材が見つかる

- 必要な期間だけ派遣依頼できる

アパレル販売を派遣求人するときの注意点

- 費用が発生する

- 帰属意識が薄い傾向にある

派遣会社の利用がおすすめのケース

- 急な欠員を早く補充したい

- 期間や曜日を限定して派遣を依頼したい

- 公募しても採用がうまく行かない

まとめ

アパレル販売に強い人材派遣会社5選

アパレル販売に強い人材派遣会社5選

ここではまず、アパレル販売に強い人材派遣会社を5つ紹介していきます。5つの人材派遣会社それぞれの特徴やおすすめポイントも解説していきますので参考にしてみてください。

フルキャストホールディングス

当社は、すべての人の「輝ける場所での活躍」をサポートすることを使命としています。会社の柱を短期人材サービスとし、この分野で成長を遂げました。物流、倉庫内作業、引越、製造、飲食、セールスプロモーション、コールセンターなどの分野に加え、オフィス分野での人材ニーズにフレキシブルに対応していることが特徴です。さまざまな分野で働けることが魅力といえるでしょう。

フルキャストでは、働きたいものの家庭の事情などで勤務時間が限られてしまう女性や、体調の関係で短時間しか働けない高齢者でも可能な職種、働き方を提供しています。このため、登録者には主婦層も多く、店側にとっては経験者を得られるチャンスといえます。アパレルの場合、販売関連よりも倉庫整理などの業務が多い傾向ですが、販売関連の求人もゼロではありません。

派遣形態 人材紹介・人材派遣・外国人材派遣・雇用支援サービス
対応エリア 全国209拠点
登録スタッフ数 8,340,000人(※)

※㈱フルキャスト、㈱トップスポット、㈱フルキャストアドバンス、㈱ワークアンドスマイル、㈱フルキャストポーター㈱、フルキャストシニアワークス、㈱フルキャストグローバルの登録スタッフ数を単純合算

派遣なび

引用:派遣なび

派遣なびはアパレル・ファッション業界の求人に強い派遣会社です。人気のブランドや、ハイブランドなどの求人もありますので、アパレル業界の中でもとくに販売で働きたいという方に活用されている人材 会社です。給与前払い制度や資格取得支援など、快適に働ける各種フォロー制度で登録者からの人気を得ています。

更には、提携する美容室やネイルサロンでお得なサービスも受けられますので、常に身なりを整え、アパレル業界で働きたい方にも安心です。また、子育てを支援するシッターサービスもありますので、子育て中の方も登録スタッフとして活躍しやすい環境が整っています。

派遣形態 人材派遣・紹介予定派遣
対応エリア 北信越・関東・東海・関西・中国四国・九州・沖縄
登録スタッフ数 非公開

リクルートスタッフィング

引用:リクルートスタッフィング

株式会社リクルートホールディングスが運営する人材派遣子会社で、グループ内の派遣業務の中核を担っているといっても過言ではありません。アパレル・ファッション販売やジュエリー販売の求人が多く、働く場所も路面店、百貨店、専門店と豊富です。国内・海外の有名ファッションブランドの各店舗が中心となっているため、身近なファッションブランドや憧れのファッションブランドで働くチャンスをつかみたいと登録するスタッフも多数います。

 

求人数が豊富であることに加えて、経験の浅いスタッフも積極的に採用し、研修やキャリアの支援体制も整っているのが特徴です。このため、アパレル業界での経歴が短い方も多数登録しています。経験値にこだわらず、優良な人材が欲しいという販売店には最適な派遣会社といえます。また、人材の研修も会社がおこなうため、店側での研修の手間が省けるのも利点です。

派遣形態 人材派遣・紹介予定派遣
対応エリア 全国(アパレルは東京、大阪、福岡が多い)
登録スタッフ数 約1,040,000人

iDA

引用:iDA

アパレルやファッションの求人をメインに扱う派遣会社です。おなじみのハイブランドから、デザイナーズブランドなど豊富な求人量が魅力で、スタッフ側としては働きたかったブランドで働くチャンスをつかめる派遣会社といえます。期間限定の募集など短期での求人も多いため、期間限定で働きたいという登録者が多い傾向です。学生を対象とした求人も豊富にそろっているため、アパレル販売を学びたい学生も多いようです。

業界未経験者には実践的なトレーニングやフォロー体制も充実。更に、派遣先での社員化や店長昇格者を毎年多数輩出しており、キャリアアップを狙うスタッフもいます。

店側にとっては期間限定のスタッフが欲しい、夏休みや冬休み時期のセールスタッフを確保したい時などに活用しやすいといえるでしょう。

派遣形態 人材派遣・紹介予定派遣
対応エリア 全国各地
登録スタッフ数 6,000名

スタッフブリッジ

引用:スタッフブリッジ

ファッション業界に精通している人材派遣会社です。世界中のブランドとパートナーシップを結んでいることもあり、求人数は豊富。国内外問わず、さまざまなブランドの求人があります。「長く働きたいアパレル派遣会社No.1」に3年連続で選ばれており(※)、高めの時給設定、交通費の全額支給、給料の前払いOKなどが魅力です。更には、就業中の方は乳がん・子宮がん検診も無料で受けられるなど女性に優しいサービスも充実しています。

優良なスタッフが多く在籍していますので、長期的に働くスタッフを探しているという販売店はこの会社の活用がおすすめです。

派遣形態 人材派遣・人材紹介
対応エリア 全国に対応
登録スタッフ数 5000人

※調査提供先:日本トレンドリサーチ 2021年9月 サイトのイメージ調査

アパレル販売の派遣社員依頼にかかる費用相場

厚生労働省の「令和3年度 労働派遣事業報告書の集計結果」によれば、商品販売従事者の平均派遣料金は16,521円、平均派遣賃金は10,609円(8時間換算)です。派遣料金の内訳については、以下をご覧ください。

派遣料金の内訳 派遣料金に占める割合
派遣社員の給与 70.0%
諸経費 13.7%
社会保険料 10.9%
派遣社員有給費用 4.2%
営業利益 1.2%

参照:厚生労働省|令和3年度 労働派遣事業報告書の集計結果

派遣会社や地域によっても異なりますが、派遣会社に支払う料金の約7割が派遣社員の給与となることが一般的です。派遣会社に払う金額の相場に関しては、以下の記事で詳しく解説しています。ぜひご覧ください。
「【職種別】派遣会社に払う金額の相場は?内訳や影響する要素について説明」

アパレル販売で派遣を依頼する流れ

アパレル販売で派遣を依頼する流れ

アパレル販売で派遣を依頼しようと考えている方に向けて、ここではアパレル販売を派遣で依頼する流れを詳しくご紹介します。派遣依頼から実際に働いてもらうまで順を追って説明していきます。

1. 求人依頼
気になった派遣会社に見積もりを依頼し、派遣社員の時間単価や期間内の契約金額を確認します。

2. 人選
依頼をする派遣会社が決まったら、派遣してもらいたい人材のスキルや経験などを基に、派遣会社が人選をおこないます。

3. 紹介・顔合わせ
条件に合った人材を会社側へ紹介し、顔合わせをおこないます。基本的には、派遣会社のスタッフと求職者、求人側の3者でおこなわれることが多いです。

4. 契約
人材の採用が決まったら派遣会社との契約をします。契約後に就業まで期間がある場合や、採用側が希望をした場合、とくに未経験者であれば事前に研修をおこなう派遣会社もありますので、確認しておきましょう。

5. 就業
すべての契約が取りまとめられ、スタッフの研修などが終了すればいよいよ受け入れ開始となります。

派遣社員を受け入れるまでの流れに関して詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。
「企業が派遣社員を募集してから採用するまでの流れと注意点を解説」

派遣会社を選ぶポイント

派遣会社を選ぶポイント

派遣会社を選ぶ時、ぜひおさえておいていただきたいポイントが3つあります。ぜひこのポイントを念頭において人材派遣会社を選んでみてください。

費用で選ぶ

人材派遣を依頼すると、初期費用(イニシャルコスト)と継続費用(ランニングコスト)が発生します。人材派遣においては派遣先が支払う採用コストはほとんど発生しませんが、派遣社員が業務に使用するパソコンや制服などの備品の購入代などはかかる場合があります。

また、派遣会社へのマージンや派遣社員の給与などを含めた派遣料金が継続費用として必要です。マージンの平均は約30%といわれていますが、マージン率が高いからといって決してマイナス面だけがあるのではなく、その分サポート体制が充実していることが伺えます。そのため、派遣料金が派遣会社のサービスと見合っているかどうかはチェックポイントになるといえるでしょう。

研修の充実度で選ぶ

人材派遣会社によっては、就業の前に社内で研修をしてくれるところがあります。研修の内容としては、基本の接客はもちろん、アパレルの専門用語など、アパレルで働くならば誰しもが知っておきたい知識や技術です。とはいえ、人材派遣会社によって研修に時間をしっかりと割くところもあれば、数時間のみのところ、更には研修自体を実施しないところもあります。

自社での研修の手間を省きたい、なるべくすぐに働いてほしいと考えているのであれば、研修の充実度もチェックしておきたいものです。

派遣会社の実績で選ぶ

派遣会社の実績にも注目して選ぶことが大切です。アパレル販売であれば、依頼する派遣会社がアパレル販売スタッフを派遣した実績があるか、アパレル販売スタッフの派遣に強いかをみて選ぶと良いでしょう。

求めている職種に強い派遣会社であれば、優秀な人材を派遣してもらえる可能性が高くなります。人材のミスマッチが生じると、教育に時間がかかり、短期間で離職するリスクが高くなります。離職されてしまうと、別の人材を選び直す必要が生じます。一度で適切な人材に出会うためにも、実績ある派遣会社を選びましょう。

アパレル販売を派遣求人するメリット

アパレル販売を派遣求人するメリット

アパレル販売を派遣求人するメリットとしては、次の3つがあげられます。

  • 人件費がおさえられる
  • 短期間で優良な人材が見つかる
  • 必要な期間だけ派遣依頼できる

それぞれのメリットについて見ていきましょう。

人件費がおさえられる

ひとつは人件費の削減です。正社員の妊娠・出産で短期的な人手不足に対応したい、POPUPなど期間限定で人手が欲しいという場合には、正社員を雇うよりも派遣を依頼したほうが人件費は圧倒的に節約できます。

派遣人材の社会保険加入や、給料計算も派遣会社でおこなうため、依頼側の会社は派遣スタッフに対する事務手続きの必要もありません。こうした手続きにかかる人件費もおさえられるため、結果としてコストの削減につながることになります。

短期間で優良な人材が見つかる

優良な人材を短期間で見つけられるという点もメリットです。とくに正社員の代わりを補充したい、ハイブランドであり、ブランド名を傷つけられないという場合には、なるべく優良な人材を自社で育てずに確保したいものです。

人材派遣会社にはキャリアのある人材もたくさんいるため、短期間で優良な人材を確保できるというメリットがあります。

必要な期間だけ派遣依頼できる

派遣会社に依頼するなら、必要な期間だけスタッフを派遣してもらえます。繁忙期に限定してスタッフを派遣してもらうことも可能です。

必要なときのみスポット的に人材を増やすことで、閑散期の人件費をおさえられます。人件費の無駄を省くためにも、派遣会社の利用を検討してみましょう。

 

アパレル販売を派遣求人するときの注意点

アパレル販売を派遣求人するときの注意点

アパレル販売を派遣求人する時には注意しておくべき点が2つあります。

  • 費用が発生する
  • 帰属意識が薄い傾向にある

それぞれの注意点を解説します。

費用が発生する

ひとつは派遣依頼の費用が発生するという点です。たとえば、アルバイトを自社で雇った場合は時給1,300円を純粋に支払います。一方、人材派遣を活用した場合、とある人材派遣会社がおこなった職種別平均時給(関東版)を参考にすると、時給を1,900円程支払わなければならず少し割高になってしまうこともあります。

ほかにも、派遣会社への報酬などもあるため結果として支払う費用は多くなります。また、派遣会社によっては人材の質によって時給を上げるように依頼してくることもあります。派遣会社への報酬などは削減できないため、人材へ支払う給与についてはしっかりと双方で相談し、適正な費用で決定するようにしましょう。

帰属意識が薄い傾向にある

もうひとつはブランドに対する愛着の問題です。やはり、アパレルではブランドへの愛着、帰属意識は売り上げや接客にも直結します。いくら接客スキルが良くてもブランドに対する愛着などがなければ十分な力は発揮されないといえるでしょう。

そのため、スキルのみならず自社アパレルに対する思いなどもあらかじめ知っておくようにすると、採用後のミスマッチを防げます。

派遣会社の利用がおすすめのケース

次のケースでは、派遣会社の利用がおすすめです。

  • 急な欠員を早く補充したい
  • 期間や曜日を限定して派遣を依頼したい
  • 公募しても採用がうまく行かない

それぞれのケースを詳しく説明します。

急な欠員を早く補充したい

急に退職者が出てしまい、人手が足りず早く欠員を補充したい場合は、派遣会社の利用がおすすめです。派遣会社を利用すれば、直接採用するよりも必要な人員を迅速に確保しやすいです。

アパレルに強い派遣会社であれば、即戦力になる人材を派遣してもらえる可能性も高くなるでしょう。人材確保が遅れると、その分、販売の機会を失います。売上減少を回避するためにも、派遣会社への依頼を検討しましょう。

期間や曜日を限定して派遣を依頼したい

有期雇用で契約すれば、派遣期間を自由に設定できます。「繁忙期の数ヵ月間のみ」「土日祝日のみ」のように、人材が必要な時期のみスタッフを手配することも可能です。

とくにアパレル業界の場合、セールの時期や土日祝日にしっかり人員を確保する必要があります。繁忙期に人員を確保し、販売機会を失わないようにしましょう。

公募しても採用がうまく行かない

自社で公募していても、応募が集まらない場合や応募はあるものの求めている人材が見つからない場合は、採用まで進めることができません。

しかし、派遣会社なら採用ノウハウがあるため、短時間で適切な人材を集めることが可能です。採用活動がうまく進まないときも、派遣会社に相談してみてはいかがでしょうか。

まとめ

アパレル販売

アパレル業で人材を確保するには、人材派遣会社を活用することがおすすめです。とはいえ、人材派遣会社を活用すればコストをおさえられる一方で、派遣料が発生することと、ブランドに愛着のないスタッフが来てしまうと接客が上手くできないというトラブルが起こりえることは留意しておきましょう。

自社にマッチしている、あるいは自社が求める人材を派遣してもらえるような派遣会社を選ぶことが、非常に重要になってくるのです。ただし、最近ではアパレル販売に特化した派遣会社も増えてきているため、選択肢は幅広いといえます。これらを踏まえたうえで、自社に合った派遣会社を選んでみましょう。

人材をお探しの企業様はこちら

1990年の設立以来、
業界をリードする実力をぜひご活用ください。

企業のご担当者専用ダイヤル

0120-810-155 0120-810-155

(平日9:00~19:00

この記事をシェアする

facebook
twitter
line
note
はてなブックマークに追加

カテゴリー

アーカイブ

人材をお探しの企業様はこちら

1990年の設立以来、
業界をリードする実力をぜひご活用ください。

企業のご担当者専用ダイヤル

0120-810-155 0120-810-155

(平日9:00~19:00

当サイト動作環境について

フルキャストホールディングサイト/コーポレートサイトをご利用いただくために以下の環境でのご利用を推奨いたします。

※サポートが終了しているOS等を含め、下記以外は推奨環境外となりますので、使用できないおそれがあります。
※JavaScript、Cookieが使用できる状態でご利用ください。

推奨ブラウザ

PC

  • Windowsの方
  • ・Microsoft Edge最新版
  • ・Google Chrome 最新版
  • ・Firefox 最新版
  • Macintosh(Mac)の方
  • ・Safari 最新版
  • ・Google Chrome 最新版

SP

  • Androidの方
  • ・Android10以上
  • Google Chrome 最新版
  • iPhoneの方
  • ・iOS13.XX以上
  • Safari最新版
人材をお探しの企業様最短即日でアルバイトを紹介します