人材派遣/人材紹介のキホン

MAGAZINE

企業が派遣社員を募集してから採用するまでの流れと注意点を解説

企業が派遣社員を募集してから採用するまでの流れと注意点を解説

派遣社員を募集してから採用に至るまでは、派遣会社によるマッチングや顔合わせなどが行われるのが一般的です。しかし、派遣社員の採用に関する具体的な内容を把握できていない方も多いのではないでしょうか。そこで、こちらでは派遣社員の採用の流れなどを紹介します。派遣社員の受け入れを検討している方に役立つ情報を解説しますので、ぜひ参考にしてください。

目次

人材派遣とは

人材派遣の仕組み

企業が派遣社員を採用するまでの流れ

- 1.ヒアリングの実施

- 2.派遣社員のマッチング

- 3.顔合わせ・職場見学の実施

- 4.契約締結

- 5.派遣社員の勤務開始

企業が派遣を活用するメリット

企業が派遣を活用するデメリット

派遣社員を受け入れる際の注意点

- 派遣先責任者を確認する

- 派遣社員の受け入れには期間制限がある

- 派遣社員の受け入れ可能期間制限がない場合

- 派遣禁止業務がある

まとめ

人材派遣とは

人材派遣とは

人材派遣とは、派遣会社に雇用された人材を企業に派遣し、必要な業務を行ってもらうサービスのことです。人材不足への早期対応や採用活動の簡略化といった観点から、人材派遣を利用する企業はたくさん存在します。

人材派遣の仕組み

人材派遣の仕組み

派遣社員の雇用主は派遣会社であり、派遣先企業は派遣社員に業務を行ってもらうための指揮命令を取る立場にあるのが人材派遣の基本的な仕組みです。派遣先企業と派遣社員は雇用契約を締結していないため、社会保険等の手続きや有給休暇への対応、賃金の支給などは派遣会社によって行われます。

企業が派遣社員を採用するまでの流れ

企業が派遣社員を採用するまでの流れ

企業が派遣社員を採用するまでには、ヒアリングやマッチング、顔合わせといった過程があります。一般的な流れを確認し、派遣社員を受け入れるための参考にしてください。

1.ヒアリングの実施

まずは、派遣会社にてヒアリングが行われます。「どのようなスキルを持った人を受け入れたいか」「任せる予定の業務内容は何か」といった希望条件のほかに、派遣社員応募に至った経緯や就業してもらいたい期間などの詳細まで伝えておくのがポイントです。

派遣会社の担当者としっかり意思疎通が取れていれば、企業の求める人材を紹介してもらいやすくなります。その後の流れもスムーズに進むようになるため、ヒアリングでは細かな条件をリストアップしておくとよいでしょう。

2.派遣社員のマッチング

ヒアリング内容をベースに派遣会社が条件に見合う人材を選び、派遣先企業への紹介(マッチング)を行います。ここで注意しておきたいのが、派遣先企業は派遣社員を選別する権利がないということです。

労働者派遣法では、派遣先企業が面接や書類などで派遣社員の選考を行うことを禁じています。これは、容姿や年齢など能力以外の部分で派遣社員が選別され、均等な雇用機会が奪われることを防ぐ目的で定められています。条件に合致する人材の選別は派遣会社に任せ、派遣先企業はマッチング結果の確認のみを行います。

3.顔合わせ・職場見学の実施

マッチング後、派遣社員の希望があれば派遣社員と派遣会社の営業担当、派遣先企業の人事担当で顔合わせを行います。派遣社員が就業予定の職場を見学し、業務内容や労働条件などに認識の齟齬がないか確認するのが目的です。

顔合わせでは、派遣社員の自己紹介や派遣先企業による業務内容の説明などが行われます。顔合わせはあくまでも派遣会社と派遣先企業の認識のすり合わせであるため、選考目的の質問や個人情報に関連した質問は行われません。職場見学の時間は、およそ30分〜1時間で終わるのが一般的です。

4.契約締結

正式に就業してもらうことが決まったら、派遣会社と契約を締結します。この契約は、派遣会社から人材派遣を受けることを意味しているのが特徴です。なお、派遣社員が顔合わせを希望しなかった場合は、派遣会社が派遣社員と面接をして雇用を決定した際に、派遣先企業と派遣会社で派遣契約を締結することになります。派遣先企業と派遣社員の間で雇用契約が交わされるわけではないため、混同しないようにしましょう。

5.派遣社員の勤務開始

勤務開始前には、派遣社員を受け入れることを社内に知らせ、スムーズに仕事に入るための体制を整えておきます。業務に必要なネットワーク環境やパソコン、備品類の準備に加え、担当してもらう業務のマニュアルや前任者からの引き継ぎ資料などを用意しましょう。しっかりと準備を整えて、派遣社員に気持ちよく勤務を開始してもらうのが大切です。

企業が派遣を活用するメリット

企業が派遣を活用するメリット

派遣のメリットとしては、採用過程の簡略化が挙げられます。派遣会社に依頼すれば条件に見合った人材を派遣してくれるため、採用に手間をかけずに済むでしょう。また、社会保険をはじめとした労務関係処理は全て派遣会社が行うので、人材管理にかける業務コストも削減できます。

年末調整や決算など、定期的に発生する繁忙期や専門的なスキルが必要な業務における人材不足をスピーディーに解消できるのも、派遣のよいところです。十分なスキルを備えた派遣社員なら即戦力として活躍し、人手不足によるミスを防ぐことにも繋がります。

 

 

企業が派遣を活用するデメリット

企業が派遣を活用するデメリット

派遣社員は原則として派遣期間が決まっているため、職場に対する帰属意識が薄いところがデメリットです。情報漏洩など、帰属意識の薄さを原因として起こりうるトラブルを避けるため、事前に徹底したルール作りをしておく必要があります。

また、業務に必要なスキルを備えているとはいえ、就業したての派遣社員には社内のルールや方針に関する説明が欠かせません。基本的に指揮命令責任は派遣先企業にあるため、通常通り働いてもらうまでに育成の手間がかかる可能性があります。分かりやすいマニュアルを完備し、すぐに働ける環境を整えておくとよいでしょう。

このほかに、契約時に決めた内容以外の業務を派遣社員に担当させるのは禁じられていることも注意しておきたいポイントです。あらかじめ何をしてもらうべきか細かく決め、契約違反にならないよう気を付けてください。

派遣社員を受け入れる際の注意点

派遣社員を受け入れる際の注意点

派遣社員を受け入れる際の注意点は、以下の通りです。

  • 派遣先責任者を確認する
  • 派遣社員の受け入れには期間制限がある
  • 派遣禁止業務がある

事前に気を付けるべきことを確認し、派遣社員の受け入れに備えましょう。

派遣先責任者を確認する

派遣先責任者とは、派遣社員の就業管理を担当する人のことを指します。派遣社員を受け入れる際には派遣先責任者の選任が義務付けられており、違反すると罰金が課される場合があるため要注意です。

責任者の選任にあたって、特別な資格は要しません。ただし、以下の条件を満たす人材を選ぶよう推奨されています。

  • 派遣社員の就業に関する事項を決定もしくは変更する権利を持っている
  • 労働関連の法律知識を備えている
  • 労務管理や人事での相当期間の経験もしくは専門知識を備えている

また、派遣先責任者は派遣社員1〜100人以下で1人、101〜200人以下で2人といったように、100人単位で選任すべき人数が決まっています。派遣社員の人数に合わせて、責任者を揃えておきましょう。

派遣社員の受け入れには期間制限がある

受け入れ期間制限とは「同一の事業所で3年以上働くことはできない」と、労働者派遣法で定められたルールのことを指します。期間制限に反すると罰金が課されるため、適切な期間を把握することが大切です。

期間制限には、個人単位と事業所単位の2タイプがあります。個人単位の制限では、同一の事業所・部署で同じ派遣社員が働けるのは3年以内であることが原則です。3年を過ぎたら、他の派遣先を探してもらうか、同じ社内で異なる部署に移るなどの対処が求められます。

事業所単位の制限では、同一の事業所・部署で派遣社員を受け入れられる期間が3年と定められているのが特徴です。例えば、派遣社員AがC部署で2年間働いたあと、Aの入れ替わりとして新しい派遣社員BがC部署に来た場合、Bが就業できるのは1年間とされています。ただし、派遣先が過半数労働組合等の意見を聞いたうえで、期間の延長が認められれば、期間の延長が可能です。

派遣社員の受け入れ可能期間制限がない場合

派遣社員によっては、期間制限を設けることなく就業できる場合もあります。主なケースは、以下の通りです。

  • 派遣社員が60歳以上である
  • 終了期日が明確な期限付きプロジェクトに参加している
  • 介護や出産、育児を理由に休業中の社員の代わりに業務を行っている
  • 派遣会社と無期雇用派遣契約を締結している
  • 1ヶ月あたりの勤務日数が通常の労働者の1/2以下かつ10日以下の日数限定業務を担当している

派遣禁止業務がある

派遣禁止業務とは、派遣が禁じられている業務のことです。以下の5つの業務が挙げられます。

  • 建設業務
  • 警備業務
  • 港湾運送業務
  • 医療施設における医療関連業務
  • 士業

派遣禁止業務にも関わらず派遣社員を受け入れた場合、派遣先は是正・防止するための勧告や、勧告に従わない場合はその旨を公表することが労働者派遣法(第49条の2)で定められています。会社の悪評にも繋がりかねませんので、派遣が禁じられた業務についてもしっかり把握しておきましょう。

まとめ

人材派遣とは、派遣会社から条件にマッチした人材を派遣してもらうことであり「採用の手間がかからない」「即戦力になる」といったメリットがあります。十分なスキルを持った派遣社員を受け入れるには、事前ヒアリングで細かな条件を伝え、顔合わせで派遣社員と業務の認識をすり合わせておくことが大切です。また、期間制限などの注意点もあるため、事前に把握したうえで派遣社員を受け入れるようにしましょう。

人材をお探しの企業様はこちら

1990年の設立以来、
業界をリードする実力をぜひご活用ください。

企業のご担当者専用ダイヤル

0120-810-155 0120-810-155

(平日9:00~19:00

この記事をシェアする

facebook
twitter
line
note
はてなブックマークに追加

カテゴリー

アーカイブ

人材をお探しの企業様はこちら

1990年の設立以来、
業界をリードする実力をぜひご活用ください。

企業のご担当者専用ダイヤル

0120-810-155 0120-810-155

(平日9:00~19:00

当サイト動作環境について

フルキャストホールディングサイト/コーポレートサイトをご利用いただくために以下の環境でのご利用を推奨いたします。

※サポートが終了しているOS等を含め、下記以外は推奨環境外となりますので、使用できないおそれがあります。
※JavaScript、Cookieが使用できる状態でご利用ください。

推奨ブラウザ

PC

  • Windowsの方
  • ・Microsoft Edge最新版
  • ・Google Chrome 最新版
  • ・Firefox 最新版
  • Macintosh(Mac)の方
  • ・Safari 最新版
  • ・Google Chrome 最新版

SP

  • Androidの方
  • ・Android10以上
  • Google Chrome 最新版
  • iPhoneの方
  • ・iOS13.XX以上
  • Safari最新版
人材をお探しの企業様最短即日でアルバイトを紹介します